浮気調査の難しさ

浮気調査というと探偵事務所や興信所などに依頼するというイメージを持っている人が多いでしょう。さらに浮気調査は高いというイメージから自分で浮気の証拠をつかもうとする人もいます。しかし浮気の調査は自分で行ってしまうと違法行為に当たってしまう可能性があります。
メールの転送設定を勝手にする、パートナーの許可もなく不正アクセスするなどといった行為は違法行為として扱われ、証拠として認められないケースが多いです。探偵事務所は、浮気の証拠となる不貞行為に関する写真や動画は、証拠として立証できるために必要な物なので、第三者の依頼でとることができます。専門的な知識がなければ、せっかく取得した証拠も違法行為になってしまう可能性があります。

浮気の証拠写真として認められるものとしては不貞行為のあった証拠をつかむことです。そのためチャンスは一度きりしかない可能性も高く、顔がはっきりわかる写真、時刻などが明確なもの、不貞行為に至るまでの足取りなど正確さが要求されます。
実績がなければ、たとえ第三者でも気づかれてしまい警戒されてしまう可能性があります。慎重な人であれば、しばらく怪しい行動をしなくなるためより証拠がつかみにくい状況になってしまう可能性もあります。浮気調査はどこでも行っているから簡単なものではありません。実績があり信頼できる所に依頼しましょう。